信頼度抜群!離婚弁護士ならこの事務所がおすすめ

各社の総合評価早見表

ホーム > 離婚弁護士について > 離婚弁護士を決める場合の基礎知識

離婚弁護士を決める場合の基礎知識

 結婚するときには、お互いが幸せになるように誓いますが、ある程度時間がたつとその気持ちが薄れてきてしまいます。そのため、仲良かった夫婦も途中で気持ちが変化して、さめた関係になることも少なくありません。関係が悪くなると何のために結婚をしているのかわからなくなり、結果的に離婚をするに至ります。現在の日本で離婚をする夫婦は、婚姻をした人の中でもおよそ30パーセントに達しています。特に、25歳前に結婚した夫婦は別れる可能性が高いです。なぜなら25歳以下で結婚をした人はできちゃった婚をしている可能性が高いからてます。できちゃった婚は、結婚する意志があまりない状態で結婚をしており、結果的に途中で離婚してしまう可能性が高いことになります。離婚するときには離婚弁護士を雇わなければならないと考えている人も多いですが、必ずしもそうではありません。

 離婚弁護士を雇わなければならない場合は、双方に問題が生じている場合になります。つまり、円満に離婚しているばならば、わざわざ高いお金を払って弁護士を雇う必要はありません。弁護士を雇わなければならない場合とは、主に財産で争いが生じている場合や、子供の親権に問題が生じている場合になります。財産の問題でよくあり得るのは、持ち家をどちらに帰属させるかです。また、夫婦で貯めた貯金をどのように分けるかも問題になります。これらの問題は、本来なら夫婦の話し合いで解決するべきことですが、夫婦の仲が悪くなると、円満だった時に解決することができた問題までも解決することが出来なくなることが多いです。弁護士を決める時には、どの法律事務所を選ぶか迷うところですが、離婚を専門的に扱うところが良いでしょう。

 離婚弁護士に解決を委ねる時には、当然それ相応のお金が必要になります。この点、離婚して精神的なショックが大きい上にお金を支払わなければならないとすれば、さらにダメージが大きくなるので、弁護士に解決を委ねるのは諦めたいと考える人もいます。もちろん、弁護士に依頼しなくても自分達で解決することができるならばわざわざお金を払って依頼しなくてもいいでしょう。ですが、単に問題を先延ばしにするならば、早い段階で解決しておいたほうが、支払うお金は少なくなるでしょう。離婚弁護士に支払うお金の目安ですが、着手金はたいてい4万円前後になります。また、成功報酬は、財産の争いの場合は、実際には手に入れることができた金額の10パーセント程度になります。親権の場合には20万円前後になるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー