信頼度抜群!離婚弁護士ならこの事務所がおすすめ

各社の総合評価早見表

ホーム > 離婚弁護士について > 離婚弁護士に依頼をしてお金のトラブルを防ぐ

離婚弁護士に依頼をしてお金のトラブルを防ぐ

 結婚をすると、戸籍が一つになります。これによっていろいろな権利が夫婦で共有されます。非常に重要なことで、全くの他人でも結婚によって利用できる財産が大きく変わることもあります。相手が亡くなれば、それを引き継ぐ相続の権利が得られたりもします。しかし、婚姻関係がうまくいかなければ離婚を考えなくてはいけなくなります。結婚をすると財産が共有されますが、離婚をすれば当然ながら財産を分配しなければいけません。共有したまま持ち続けるのは難しいでしょう。ではどうやって分配するかになります。まずは婚前までに貯えていた財産と婚姻後に共同で蓄えた財産に分けます。婚前の財産は、結婚で共有されますが離婚ではそれぞれの財産とします。一方、共同で蓄えた財産は、相応の割合で分けますがそれが難しいところでしょう。

 もし離婚をするにあたってお金の問題でトラブルが生じるのであれば、離婚弁護士に相談をしましょう。離婚に関して必ずしも法的なサービスは利用する必要はありません。互いの話し合いで決着すれば問題ありませんが、決着しないとき、納得いかない決定がされようとするときには相談するのが良いでしょう。財産分与は婚姻期間の財産を分けますが、きれいに2つに分けるのかどうかがポイントです。夫婦共同で築いたとしても、互いに言い分があるはずです。その他に問題になるのが別居時の婚姻費用です。離婚をするにあたっては別居機関を設けることがあります。この時に婚姻費用を渡す必要があるかないかです。通常は婚姻費用を渡す必要があるとされ、渡していなければ受けるべきお金を受けていないことになります。財産分与にも影響するでしょう。

 離婚時のお金の問題として弁護士に依頼するケースとして、慰謝料の問題があります。慰謝料は常に発生するわけではありません。損害賠償とは異なり、精神的な目に見えない部分の損失を評価して決められています。いくら精神的苦痛を受けたとしても、いくらでも請求できるわけでもありません。離婚時に多いのは、相手が不倫をしたり浮気をしたときでしょう。精神的苦痛があるとして請求ができます。どれくらい請求できるのかはなかなかわかりづらい部分なので、弁護士に相談をすると決め方や裁判での対応などを教えてくれます。もめるようになると、最終的には裁判になります。裁判で決められた金額が最終的な決定額になるので、裁判での対応が非常に重要になります。経験の豊富な離婚弁護士に依頼をすれば、希望に近い対応をしてくれるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー