信頼度抜群!離婚弁護士ならこの事務所がおすすめ

各社の総合評価早見表

ホーム > 離婚弁護士について > 離婚弁護士に依頼するメリットやデメリット

離婚弁護士に依頼するメリットやデメリット

 離婚をする場合には、その原因にもよりますがお互いが主張しあってしまうとなかなか離婚成立することが難しくなる傾向があります。また、状況によっては裁判になることもあるでしょう。離婚に関して法律に詳しくない方が大半なため裁判などの場合には、弁護士に依頼するという方も増えます。また、離婚調停に関しても離婚弁護士に依頼するという方も増えてきています。離婚に関して法律に強い弁護士に依頼することで安心して離婚調停に関して手続きを行うことができる点は大きなメリットといえるでしょう。離婚をするとなればそれなりに精神的にかなりストレスが溜まる方もいるでしょう。心身ともに疲れている状況で冷静な判断をすることが難しく、相手側の主張に押し切られて不利な条件で離婚が成立しないようにするためにも、弁護士に依頼してきちんとした離婚調停を行うことが大切です。

 弁護士に依頼するほうがスムーズに離婚調停をできる可能性があがりますが、特に気が弱い、言いたいことがうまく伝えることが難しい方など人によって自分の考えがまとまっておらず相手側に主張することが難しいという方は弁護士に依頼するほうがいいでしょう。こちらの主張することをきちんとまとめて、相手側に伝えることができ、いろいろとフォローしてもらえるという点はメリットが大きいといえるでしょう。交渉ごとが向かない性格の人や相手側が強気に出てくるとうまく主張できないという方もいます。そのような方の場合には、弁護士によるサポートがあることでうまく状況をまとめてくれる、サポートしてもらえることは心強く、後悔するようなことにはならずきちんとした離婚成立状況にもっていくことができます。

 弁護士に依頼することのデメリットは、弁護士費用がかかる点です。依頼するため、仕事として弁護士側も動いてくれることになります。そこには当然費用がかかるのは当然です。メリットはいろいろとありますがデメリットの一つとして費用がかかるという点はよく理解しておくことが大切です。また、弁護士に依頼する場合には、選び方も重要です。調停を行う裁判所から近い地域などの場合には、それほど問題になりませんが、弁護士が裁判所から遠い地域になるといろいろと離婚調停までの期間が長引いてしまうケースもあります。弁護士の予定など合わせることが困難な状況になってしまうといろいろと時間的に無駄に浪費してしまうこともあるため、その点も考慮しながら弁護士選びは慎重に行うこともポイントの一つです。

次の記事へ

カテゴリー