信頼度抜群!離婚弁護士ならこの事務所がおすすめ

各社の総合評価早見表

ホーム > 離婚弁護士について > 男女の問題があるなら離婚弁護士に聞く

男女の問題があるなら離婚弁護士に聞く

 男女関係としてはまずは夫婦があります。他人同士でも、婚姻届けを出せばそれによって法律上家族となります。互いに協力して生活する義務が発生し、財産なども共同とされます。一旦婚姻届けを出して夫婦になると、後でそれを解消しようとするときにいろいろな問題が発生します。協議での離婚が難しい時には離婚弁護士に相談をして問題解決を試みます。弁護士に間に入ってもらって解決することもあれば、裁判所における調停であったり、裁判に発展することもあります。裁判になったとしても、弁護士からのサポートを受けられれば自分の希望に近い判決が出るかもしれません。では男女間の問題は夫婦のみに起こるかですが、それ以外でも起きます。婚姻関係があるから生じる問題もあれば、ない時にも発生することがあります。

 婚姻の約束として婚約があります。方法は人によって異なり、単なる口約束もあれば、エンゲージリングの交換などをしているとき、互いの家族へ伝えて結納まで行っているとき、結婚式の日取りも決まっていよいよ式を直前に迎えているときなどがあります。そのまま結婚をして仲良くできれば問題ありませんが、婚約中に何らかのトラブルが発生して婚約破棄をしたくなる場合があるかもしれません。それ以外に相手から婚約破棄を提案されることもあります。相手の不倫が発覚して破棄をしたいときには、離婚弁護士に相談をしてみましょう。婚約は婚姻とは異なりますが、場合によっては一定の権利などが発生していることがあります。婚姻の準備にかかった費用などが損害賠償の対象になるかもしれません。不倫が原因なら慰謝料の請求もできます。

 婚姻関係はないけども一緒に生活をしている状態があります。内縁関係といわれ、単なる同棲とは別と考えることもあります。婚姻届けは提出していなくて籍は入っていませんが、かなりの期間一緒に生活をし、夫婦関係同然であると認められるときに内縁関係とされます。年金などを受けるとき、通常は婚姻関係が必要ですが、内縁関係でも認められる場合があります。ただ、相続の時は法律上は内縁関係は認められていません。その部分で男女の難しい問題が出てきます。その時にも離婚弁護士に相談をしてみましょう。離婚だけでなく、男女関係のいろいろな問題に対応してもらえる可能性があります。婚姻関係はあるが、別居して生活しているときにどんな問題があるか、将来離婚をしたいときの別居の意味なども相談することができます。

次の記事へ

カテゴリー